携帯ページ

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
HOME»  ご案内»  会社案内

会社案内

■ ご挨拶

テーケー名古屋人形製陶株式会社
代表取締役社長 加藤 徳睦

テーケー名古屋人形製陶株式会社は陶磁器製造会社として発足し、創業80年を迎えようとしているわが社ですが、1961年(昭和36年)会社設立し50周年を迎えます。
当初は、電磁器や熱板等を主に製造しておりましたが戦後、貿易再開と同時に輸出向け(欧米諸国)玩具を製造してまいりました。
しかし、昨今の急激な円高に見舞われ1995年以降、生産の90%は日本国内向けに製造販売をしております。
今現在でも為替の問題があるにせよ諸外国でも通用する商品作り(ものづくり)を目指し、努力する所存でございます。
以上のように、時代のニーズに対応した、お客様に喜んでいただける製品を求め進んでおります。



会社概要

代表社名 加藤 徳睦(NORICHIKA KATO)
会社名 テーケー名古屋人形製陶株式会社
創業 昭和10年(1935年)
創立 昭和36年(1961年)
資本金 1,000万円
事業内容 陶磁器置物製造販売
従業員 15名
主要品目 レース人形・インテリア小物
販売エリア 日本全国 海外(欧米諸国)
主要販売先 シャディ(株) (株)萬栄 (株)千趣会 (株)教文館 (株)オルゴール堂(小樽)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 瀬戸信用金庫
所在地 〒489-0911 愛知県瀬戸市北松山町1丁目10番地
TEL:0561-82-3723 FAX0561-83-1563
E-mal:info@tk-lace.com
URL;http://www.tk-lace.com

沿革

1935年 創業者 加藤徳松が瀬戸市内で化学磁器製造を始める
1947年 戦後燃料不足の社会で熱板事業を取りかかると共に、電磁器の内線器具を始める。
1951年 貿易再開に伴い、輸出向け陶磁器玩具に切り替え、ビスクキュービーの製造開始
1952年 TK貿易株式会社 設立
1953年 レース人形の製造開始
1961年 テーケー名古屋人形製陶株式会社 設立
1970年 韓国(仁仙)にてにて社員1,000名規模の合併会社設立(世昌TK)
1979年 加藤徳松の三男 加藤星鏡 社長就任
1981年 韓国工場閉鎖
1982年 ノーマンロックウェル フランクリンミント社(米国)の商品を手がける
1988年 総レース着せつけ人形・アン王女を主に手がける
1993年 円高のあおりを受け、主要販売先を日本国内に切り替える
1995年 NHK(日本放送協会)にてタイトル「伝統の技にかけるレース人形」のドキュメンタリー番組が放送される
2005年 CBCテレビの"ときの探訪"で「瀬戸のレース人形」と題してレース人形を紹介される(5月)
2008年 加藤星鏡の長男 加藤徳睦 社長就任
2008年 東京ディズニーランド25周年に際し、同テーマパークの有力スポンサー向けに限定配布する陶製置物を請け負う
2008年 中部新聞に「繊細さ・豪華さ・豊かさ」とレース人形を紹介される
2010年

中部経済新聞に「日本唯一の技 レース人形」と紹介される(2月)

2010年 大阪芸術大学(デザイン科)の協力を得て、LEDランプの開発を開始
2010年 東京都銀座(教文館)にて、レース人形展示販売開始(5月)